産業用・工場機器設備・オフィスで選ばれる地震対策なら安震アジャスター

2017.12.13 資料更新!

環境で探す

2017.12.13 資料更新!

その他

このような環境へ設置ができます。

駅構内、テーマパーク
コインロッカーは日々不特定多数の人が利用します。設置場所は狭い空間が多く、しかも複数のコインロッカーを設置してあります。
地震発生の際は、転倒することで避難経路を塞いだり、人災につながる恐れがあります。
あらかじめの安震アジャスター施工でそのリスクを回避・軽減できます。
【対象物】
コインロッカー
デパート・スーパー
ATMや自動販売機は多くの場合沢山の人が集まる場所に設置してあります。
ですから地震対策は必須だと思われますが、定期的に機械の交換もあるので、床に穴をあけての固定などはできるだけ避けたいです。 安震アジャスター施工なら床に穴をあけずに地震に対して効果的な施工ができ、取外しも簡単で、床に施工跡を残しません。
【対象物】
ATM
自動販売機
食堂
ショーケースは大型で重量のあるものも多く、ガラスが使われており、地震発生時に転倒すればガラスが割れたり避難経路の妨げとなり大変危険です。
あらかじめの安震アジャスター施工でそのリスクを回避・軽減できます。
【対象物】
サンプルのガラスケース
券売機
店舗
ディスプレイケースは中の商品を見る為、人が近くにいる場合が多く、地震発生時に転倒すればガラスが割れたり避難経路の妨げとなり大変危険です。
あらかじめの安震アジャスター施工でそのリスクを回避・軽減できます。
【対象物】
ディスプレイケース
マンション
地震発生時にマンションの共用廊下にヒートポンプ給湯器が次々倒れ出て、大量の熱湯が廊下に流れ出たという被害があったことから地震対策は必須です。
しかし、アンカー固定ですと、マンションの床自体に穴をあけることになり、また買い替えなどの際には、新機種になることから脚のサイズが変わっている場合がほとんどで、新たに穴をあけることになり、床の強度が低下し、アンカーが効かなくなる場合があります。
安震アジャスターは床に穴をあけずに施工ができる地震対策ですので、床にキズや穴を残さず、床の強度を低下させることもありません。
【対象物】
ヒートポンプ給湯器
学校・病院などの屋上
太陽光発電全量買取制度が始まり、屋上に太陽光発電を設置して、電力を有効利用する建物が増えています。
ただし、屋上は防水床になっており、アンカー固定などで穴をあけてしまうと、防水床などが特殊環境(防水)で無くなってしまいます。
こんな場所でも安震アジャスターなら特殊環境(防水)を保持したまま地震対策が可能です。
【対象物】
太陽光発電
図書室
多くの人が利用する図書館。
本棚転倒は、その場にいた人間の生命の危機に直結する恐れがあります。
書架が床面上を大きく移動して通路を塞いだり、飛び上がって下に本や資料を挟み込んだりするので、安震アジャスターで書架の固定をお勧めします。
【対象物】
書架(本棚)