産業用・工場機器設備・オフィスで選ばれる地震対策なら安震アジャスター

2017.12.13 資料更新!

安震アジャスターとは

2017.12.13 資料更新!

地震対策の必要性

一般に生産機械は、製品制度維持や機械の安定稼働のため、位置制度と水平出しは厳しく管理されているが、静止置きされているものも多いです。
地震で大きく揺れても、生産機械の移動や衝突、転倒被害が、最小限にとどまれば、早期復旧に繋がります。

多くの企業はこのような理由で地震対策をされていません

BCPとは何か?

様々な障害(地震、台風、サイバーテロ、感染症蔓延などなど)に対し、「事業をどう継続するか」、「事業をどう早期に復旧するか」という視点から、事前にできる対策をし、早期復旧を戦略的に準備しておく計画のことです。

生産工場では、地震対策をしておくことで、地震発生時の工場建屋・設備・機械の損傷の軽減や避難経路確保し、人的被害を軽減することができ、その結果、工場の生産施設の早期復旧、生産体制の確保につながります。

安震アジャスターは、工場設備・機械を地震による倒壊の被害から守るとともに、避難経路を確保し、人的被害を最小限におさえます。
「備えあれば憂いなし」がBCPの原点になります。