産業用・工場機器設備・オフィスで選ばれる地震対策なら安震アジャスター

2020.07.22 資料更新!

安震アジャスター通信

工場の避難訓練と地震対策!

東日本大震災を経験されたある企業の工場長をされている方が、
「避難訓練を定期的に行う」ことの大切さをおっしゃってみえました。
震災後すぐ、「設備が転倒していた」、「通路が落下物でふさがっている」
などの報告が多数されたということです。幸い、人災には至りませんでした。
設備の転倒などを防ぐことは、避難経路確保の第一歩です。
地震対策の重要性を改めて考えさせられるお話しでした。
【普段からすべきこと】
1.避難経路や非常口がモノでふさがれていないか、日常的にチェックする
2.避難にはできるだけ広い通路を使用するよう考えておく
3.避難訓練を定期的に行う
4.避難訓練後の修正点を次回の訓練に反映させる


》安震アジャスター通信 過去の記事一覧はこちら