産業用・工場機器設備・オフィスで選ばれる地震対策なら安震アジャスター

2017.12.13 資料更新!

環境で探す

2017.12.13 資料更新!

食品関係

このような環境へ設置ができます。

クリーンルーム
アンカー固定はその施工過程で、床に穴をあけるなどの加工が必要となり、その際に埃や粉塵が発生します。
クリーンルームはその環境を保つため、埃や粉塵の発生するようなことは厳禁です。
安震アジャスター施工は、床などに一切の加工は不要なので、施工過程で埃や粉塵が発生することのないクリーンな施工です。
また、アンカー固定は、免震対応でないため、大きな地震は発生した際に、その振動によって製造設備や機械内部が破損する恐れがあります。
【対象物】
製造設備など
厨房
衛生管理、防水の観点から、床に穴をあけることができない厨房がありますが、安震アジャスター施工は床に穴をあけずに施工ができることから、このような環境に最適です。
また、地震発生時、給湯器やフライヤーなどが転倒した場合、流出した熱湯や高温の油などで人的被害の可能性があります。
あらかじめの安震アジャスター施工でそのリスクを回避・軽減できます。
【対象物】
冷蔵庫
食品棚
熱機器(フライヤー等)
製造工場
食品の製造工場は衛生管理が大変重要です。
頻繁に製造ラインのレイアウト変更があり、アンカー固定では、その度に床に穴が増え、雑菌の温床になります。
また、アンカー穴をあける際に発生する埃や粉塵が、食品への異物混入の原因にもなります。
安震アジャスター施工なら床に穴をあけずに施工ができることから、埃や粉塵を発生せず施工ができ、床に穴も残しませんのでこのような環境に最適です。
【対象物】
製造設備
ライン